平成26年度 「幼稚園評価」 結果公表シート

学校法人 育生学園
育生幼稚園

 当園ではこの度、平成26年度の幼稚園学校評価として、教職員自己評価及び学校関係者評価を実施いたしました。教職員一人ひとりが、自らの教育活動や園運営の状況を振り返ることで、自身や園全体を見つめ直すいい機会となりました。
 また、それぞれの評価結果について、皆で話し合うことにより、成果や今後の課題、改善の方向性などを明らかにすることができました。この評価結果を深く受けとめ、更なる教育活動の充実、教育環境の整備、教職員の資質向上に努めてまいります。

I.教育目標

子どもたちは、無限の未知なる可能性を秘めています。その可能性は、幼児期の過ごし方で大きく左右されるといわれています。
能力や心の豊かさの基礎固めをする大切な時期を全教職員が心を一つにして、一人ひとりの個性を理解しながら保育を行います。

教育の目標
遊びを通して言葉や文字、数、形などに興味や関心を持たせるよう教育します。
身の回りのすべての事象に、不思議だと感じる感性、
なぜと思う知的な好奇心をもつような教育をします。
やりたいこと、知りたいことを数多く経験できるような教育をします。

II.今年度の重点目標

評価項目に沿って自己点検、自己評価を実施することによって、教師自らが客観的に自園を見る目を養い、施設の改善、教育内容の改善に主体的に取り組んでいくことを重点項目とする。

III.評価項目と取組み状況

評価項目 取組み内容 取組み状況
1 教職員の資質向上 子ども達の様子や対応の仕方を延長会議や日々のコミュニケーションから教職員で共有し、今後の具体的な関わり方や保育内容について意見交換を行い、互いに理解を深め合う機会を充実させる。 日頃から、教職員同士で子どもの話や保育をどうすれば良くなるかを好んで話す時間が多く、行事がある週に職員会議をし、意見交換をしたり業務連絡を取り合っている。職員会議でクラスの様子や配慮が必要な子どもの連絡などを伝え、園全体の教職員に理解・把握をしてもらった。同じクラスの先生とは毎日子どもが帰った後に、その日にあった事を話し意見交換を行ったが、他のクラスの先生とは意見交換をする機会が少なかった。
2 食育の充実 実際に野菜を育てたり、収穫したいという声があるため、園として行なうのか、教職員に裁量権を与えて実施するのかを検討する。 給食時には食べる楽しさを話したり、その食べ物はどのようにしてできているかを話し、食の大切さを伝えた。年長組ではしいたけの栽培キットを購入し育て、育ったしいたけをバターソテーにして給食時に食べるという食育を行い、苦手を克服した園児もいたが、全学年では経験できなかった。
3 安全管理体制の充実 保護者シールははがれることがあるため、首から下げるタイプにするなど、使いやすいものに見直し、不審者対応の強化を図る。 B 来園許可証をシールから首から下げるタイプの物にし、平仮名で名前を書くことで誰の保護者か一目で分かる様になった。早く顔を覚えられるようになったため対応がスムーズになった。不審者の侵入を防ぐために関係者以外は入れないようにピロティーに立ったり、預かり保育中も施錠し、セキュリティーの強化を図った。許可証は、各保護者1つぐらいで2人目からはシールになり、結局はがれていた。
4 未就園児活動の充実 「ふたばクラブノート」の活用を徹底することと、教職員の意見や経験を共有するツールであることに加えて、保護者とのコミュニケーション、あそびや活動内容の充実を図る等、今後に役立てる。 A ふたばクラブでは月に一度、季節に合った歌やリトミックを楽しみ、子どもだけでなく保護者の方ともコミュニケーションを図ることが出来た。ふたばクラブノートを職員で回して読むことで、来年度の要注意の子どもを見ることが出来、年少のクラス替えに重要な情報が得られた。
【評価の基準】
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取組まれているが、成果が十分でない
D 取り組みが不十分である

IV.今後取り組むべき課題

1 教職員の資質向上 配慮が必要となる園児が増えてきているため、教職員間同士の意見交換を密に行う必要がある。
2 食育の充実 子どもが苦手とする食べ物の栽培に力を入れ、室外での栽培や、好き嫌いが多い年少児から食育に取り組む。
3 安全管理体制の充実 ホームクラス後の外遊びは、子どもに目が届かない状態で事故や怪我にもつながる可能性があるため、声掛けを徹底する。
4 来園許可証は、数名で来られた場合にシールでお渡しするべきかなどのルール決めをする。安全のためにも定期的に手紙などで着用指導を徹底して行なう。(祖父母にも徹底する)
5 教職員間の連携 保護者からの問い合わせに対して教職員が各々の考えを述べるのではなく、情報共有することで受け答えをスムーズに行う。
6 未就園児活動の充実 活動パターンが似てきているため、話し合いや研修の場をもうけることで、より楽しい活動内容を模索する。(親子遊び・おもちゃ・在園児との関わり)

V.学校関係者の評価

  •  元気に挨拶ができ、思いやりのある「明るく元気な子ども」に教育していただきました。1年を通して四季折々の行事があり、色々な経験をすることで心が豊かになったと思います。
    学修面では年齢に合わせて楽しみながら学べるよう考えられていますし、音楽や体操、英語など幅広く興味を持たせてくださり、これから成長していく子ども達に可能性を広げるような指導をしてくださいました。遊びとお勉強のバランスがとても良いと思います。
     また、子ども達の個性を大事にしてくださりながらも必要な協調性や社会性も自然と身に付いていて、小学校へ上がっても安心できます。
    <PTA会長>
  •  園では専門の先生による英語や体操があります。子ども達は「今日は英語がある日だよ!」「今日は体操だよ!」と毎週楽しみにしていました。子ども達の学年に合った指導内容で、とてもイキイキのびのび取り組んでいる姿があります。
     各学年先生2人体制で子ども達をじっくり見ていただけました。学びや遊びの中で集団生活で必要な人を思いやる心を育てていただきました。
     これからも育生幼稚園らしい、育生幼稚園だからできる子ども達へのご指導よろしくお願い致します。
    <PTA副会長>
  •  社会の流れや時代の要請とともに、幼稚園教育要領は改訂されますが、幼稚園という場所が遊びを通した教育を重んじる場所であるという考え方は不変です。その中で育生幼稚園は、幼児自ら考えて取り組めるような環境設定をしています。例えば制作活動の過程で先生たちの適切な声掛けによって個性を伸ばし、自信に繋げます。そういった活動や日々のワークから多角的に子ども達を育て、小学校へのステップアップとして最適な環境であると言えます。
     さらに月に2回の職員会議による情報共有による共通理解を持つ機会もあり、幼稚園全体で子ども達を見守るので保護者も安心です。
     現状にとどまることなく、常に反省・改善に取り組む前向きな姿勢をもって、子ども達に質に質の良い環境を提供していく。それが育生幼稚園の強みです。
    <監事>