平成28年度 「幼稚園評価」 結果公表シート

学校法人 育生学園
育生幼稚園

当園ではこの度、平成28年度の幼稚園学校評価として、教職員自己評価及び学校関係者評価を実施いたしました。教職員一人ひとりが、自らの教育活動や園運営の状況を振り返ることで、自身や園全体を見つめ直すいい機会となりました。
また、それぞれの評価結果について、皆で話し合うことにより、成果や今後の課題、改善の方向性などを明らかにすることができました。この評価結果を深く受けとめ、更なる教育活動の充実、教育環境の整備、教職員の資質向上に努めてまいります。

I.教育目標

子どもたちは、無限の未知なる可能性を秘めています。その可能性は、幼児期の過ごし方で大きく左右されるといわれています。
能力や心の豊かさの基礎固めをする大切な時期を全教職員が心を一つにして、一人ひとりの個性を理解しながら保育を行います。

教育の目標
遊びを通して言葉や文字、数、形などに興味や関心を持たせるよう教育します。
身の回りのすべての事象に、不思議だと感じる感性、なぜと思う知的な好奇心をもつような教育をします。
やりたいこと、知りたいことを数多く経験できるような教育をします。

II.今年度の重点目標

評価項目に沿って自己点検、自己評価を実施することによって、教師自らが客観的に自園を見る目を養い、施設の改善、教育内容の改善に主体的に取り組んでいくことを重点項目とする。

III.評価項目と取組み状況

評価項目 取組み内容 取組み状況
1 教職員の資質向上 経験者や新人を問わず、社会人として基本的な知識やマナーを見直し再確認する。 新年度に合わせて社会人としてのマナーを職員全員で確認した。職員各自が毎日の身だしなみに注意を払うとともに、保護者と接する際には特に意識して正しい言葉遣いを心掛けた。子どもの前では笑顔で元気な挨拶に取り組み、お手本となることが出来てきた。一方、年度初めに決めた約束事は新人や経験者を問わずに守り、お互いに注意していかねばならない。社会人としてさらに自覚を持ち続けるよう初心に返り後輩へも伝えていきたい。
2 教職員同士の連携 クラスのことであるにも関わらず、担任と副担任の間で情報共有されていない等、連携が取れていないことがあるため、見直しと検討を行う。 A トラブルやケガだけでなく、些細な事も担任と副担任とで随時情報共有しあい、自分のクラス外の子どもの保護者から聞いたことも伝えあった。子ども一人ひとりの日常の変化や学期ごとの成長を鑑みて、保育に対する思いや方向性を話し合い、園児に対する指導方針等を互いに確認しあい保育を進めることができた。クラス担任と副担任との連携は密に取れているが、学年間や他学年との連携をさらに充実させるために学年での話し合いを定期的に企画していきたい。
3 食育の充実 室外で野菜を育て、料理をしたり収穫するといった行事を取り入れて、子ども達の食に対する関心を高める。 C 食べ物の大切さとともに料理を作ってくれる人への感謝の気持ちを伝え、子どもたちは給食を残さず完食するようになった。また、季節や行事にちなんだ料理を通じて、食べ物に興味を抱くような働きかけを行った。絵本等を用いて食に対する関心をさらに高める取組みを行い、今後は実際に栽培から収穫までを体験して野菜の成長を知る機会や、教室でも育てられそうな野菜の栽培を検討し、栽培することで得られる知識や満足感を食育につなげていきたい。
4 安全管理体制の充実 引き続き来園許可証を身に付けて頂くことの徹底を保護者や祖父母に対して徹底する。シールに関しては無駄が出ないように再度検討する。 B 行事の際に来園許可証装着の声掛けを行い、保護者からの問い合わせの際は必ずIDカードについても話した。整理券配布時やピロティでの監視時に必ずチェックを行い十分取り組めている。「来園許可証がなくても大丈夫か」という声もあり認知度は向上している一方で、シール貼り忘れやID未着用の保護者も見られ、許可証の意味合いと安全管理の再考が必要である。従来より来園許可証やシールの付帯割合は高まってはいるがすべての保護者への徹底には至っておらず、シールの剥がれ対策や貼る場所も工夫していきたい。
5 他学年・他クラスの交流 計画的に他学年との関わりや他クラスの関わりを持ち、良い関係を築く。 A ホームクラスでは異年齢の子どもたちと交流し、楽しんでいる姿が伺える。他クラス他学年の発表を見せ合うことで刺激を受けて良い影響となっている。学年行事では事前に打ち合わせて子どもたちとも目標に向かい取組み、協調性と団結力を図ってきた。保育中にも縦割りなどで交流したり、異年齢児と給食を食べるような機会があると意識が変わると思う。学期や行事に配慮して他学年との交流機会を増やし、異年齢児の子どもたちが一緒に学び遊べる時間を持っていきたい。
【評価の基準】
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取組まれているが、成果が十分でない
D 取り組みが不十分である

IV.今後取り組むべき課題

1 教職員の資質向上 園での決まり事を守り、子どもたちの手本となるように振舞っていく。
2 教職員同士の連携 担任と副担任だけでなく学年間、他学年との話し合いを定期的に行い連携の充実を図る。
3 食育の充実 野菜を育てて収穫する体験を取り入れて、子どもたちの食に対する関心を高めていく。
4 安全管理体制の充実 来園許可証の装着とその意味合いを保護者に対して再度徹底していく。シールを効果的に工夫して使用する。
5 他学年・他クラスの交流 他学年・他クラスとの共同給食など、交流が深まる取組みを行い良い関係を築いていく。

V.学校関係者の評価

  • 評価項目、取組は達成されていて、保護者として育生幼稚園に通わせてよかったと思います。
    先生方への教育もしっかりされていて、園児はみな先生のことが大好きです。
    1年の中で沢山ある行事の度に子ども達の成長を見られるのが嬉しかったです。先生方の毎回の準備も大変だとは思いますが、子どもたちの良い思い出になったと思います。<PTA会長>
  • 評価項目のうち前年度と共通の4項目に関しましては、前年度の取り組みを踏まえた上でさらに内容が深くなるような目標を設定されていると感じました。
    その目標に対しては言葉だけでなく真摯に具体的に取り組んでおられることが、それぞれの項目の取り組み状況からうかがえました。
    今年度から評価項目入りした「他学年・他クラスの交流」に関しましては、昨今の子どもたちに不足しがちなコミュニケーション能力を高め、成長のためにも素晴らしい事だと感じ、取組状況にあるような事をさらに進めて頂きたいと思いました。
    <監事>