平成27年度 「幼稚園評価」 結果公表シート

学校法人 育生学園
育生幼稚園

 当園ではこの度、平成27年度の幼稚園学校評価として、教職員自己評価及び学校関係者評価を実施いたしました。教職員一人ひとりが、自らの教育活動や園運営の状況を振り返ることで、自身や園全体を見つめ直すいい機会となりました。
 また、それぞれの評価結果について、皆で話し合うことにより、成果や今後の課題、改善の方向性などを明らかにすることができました。この評価結果を深く受けとめ、更なる教育活動の充実、教育環境の整備、教職員の資質向上に努めてまいります。

I.教育目標

子どもたちは、無限の未知なる可能性を秘めています。その可能性は、幼児期の過ごし方で大きく左右されるといわれています。
能力や心の豊かさの基礎固めをする大切な時期を全教職員が心を一つにして、一人ひとりの個性を理解しながら保育を行います。

教育の目標
遊びを通して言葉や文字、数、形などに興味や関心を持たせるよう教育します。
身の回りのすべての事象に、不思議だと感じる感性、
 なぜと思う知的な好奇心をもつような教育をします。
やりたいこと、知りたいことを数多く経験できるような教育をします。

II.今年度の重点目標

評価項目に沿って自己点検、自己評価を実施することによって、教師自らが客観的に自園を見る目を養い、施設の改善、教育内容の改善に主体的に取り組んでいくことを重点項目とする。

III.評価項目と取組み状況

評価項目 取組み内容 取組み状況
1 教職員の資質向上 配慮が必要となる園児が増えてきているため、教職員間同士の意見交換を密に行う必要がある。  配慮が必要となる園児に対して、各学年の活動においては学年の担任との話し合いを多く設け、できるだけ多くの先生で配慮できるように伝達している。また、教職員会議で現状の報告や、配慮の方向性を共通認識している。しかし、他学年や副担任を交えた話し合いは密に行えているとは言えないため、今後の検討課題とする。
2 食育の充実 子どもが苦手とする食べ物の栽培に力を入れ、室外での栽培や、好き嫌いが多い年少児から食育に取り組む。 B  昨年は年長児のみだったしいたけ栽培を全学年で経験できたことで栽培する楽しみや成長の様子を観察できた。しいたけが苦手という園児も自分で育てたものということもあって喜んで食べる姿が見て取れた。さらには「いただきます」や「ごちそうさま」という礼儀や感謝する心を育むことができたので良い取り組みだったと言える。
3 安全管理体制の充実 ホームクラス後の外遊びは、子どもに目が届かない状態で事故や怪我にもつながる可能性があるため、声掛けを徹底する。 B  ホームクラスの外遊びでは当番制で3名以上が園庭に出て、様子を見て声掛けを行っており,万が一ケガがあったとしても保護者に丁寧な説明を行うことができている。 ホームクラス後の外遊びに関しては園児がケガをする危険性が高まるため、なるべく早く降園するようにお手紙での発信や声掛けを行った。結果としては前年度よりも改善されたと思われる。
4 来園許可証は、数名で来られた場合にシールでお渡しするべきかなどのルール決めをする。安全のためにも定期的に手紙などで着用指導を徹底して行なう。(祖父母にも徹底する) A  ルールを決定する前に、お手紙で来園許可証が「なぜ必要か?」「どういう目的か」ということをお知らせして徹底しているため、保護者の意識も高まったように思う。しかし、シールに関しては粘着力が弱く、園庭に落ちているのを見かけることがあるので対策を考える。今後も声掛けは徹底し、園の安全性を高める。
5 教職員間の連携 保護者からの問い合わせに対して教職員が各々の考えを述べるのではなく、情報共有することで受け答えをスムーズに行う。 B  一人一人が保護者宛に発信した情報の内容を熟知し、問い合わせに対して正確な回答ができるように心がけた。不明な点や自信がない内容に関しては理事長先生・園長先生・主任に確認を取るように徹底した。特にホームクラスの料金や靴下や靴の費用に関する問い合わせが多いため、机に貼ってすぐに答えれるように準備するなどの工夫をした。問い合わせに対して答えて終わるのではなく、それを共有する体制が必要である。
6 未就園児活動の充実 活動パターンが似てきているため、話し合いや研修の場をもうけることで、より楽しい活動内容を模索する。(親子遊び・おもちゃ・在園児との関わり) B  毎月違う職員が保育を行うことで、同じ活動でも少し違う雰囲気で保育を行うことができ、職員も様々な組み合わせで活動を行うため、他の職員の進め方など、勉強することができた。また活動内容をノートに記録することで担当以外の教職員にもわかるようにして内容を共有している。
【評価の基準】
A 十分達成されている
B 達成されている
C 取組まれているが、成果が十分でない
D 取り組みが不十分である

IV.今後取り組むべき課題

1 教職員の資質向上 経験者や新人を問わず、社会人として基本的な知識やマナーを見直し再確認する。
2 教職員同士の連携 クラスのことであるにも関わらず、担任と副担任の間で情報共有されていない等、連携が取れていないことがあるため、見直しと検討を行う。
3 食育の充実 室外で野菜を育て、料理をしたり収穫するといった行事を取り入れて、子ども達の食に対する関心を高める。
4 安全管理体制の充実 引き続き来園許可証を身に付けて頂くことの徹底を保護者や祖父母に対して徹底する。シールに関しては無駄が出ないように再度検討する。
5 他学年・他クラスの交流 計画的に他学年との関わりや他クラスの関わりを持ち、良い関係を築く。

V.学校関係者の評価

  •  園児達が自らの手でしいたけを栽培する等の経験をすることによって、食べ物に対する大切さ、感謝の気持ちを感じることができて、素晴らしい取り組みだと思います。さらにメダカを育てるなど、生き物を育てる命の大切さを教えていただきました。
     行事もたくさんあって、園児・先生のみんなが協力し合い、その上、1人1人の個性を引き出してくれるので、イキイキしている姿が見られました。
     育生幼稚園では体育教室・英語教室などいろんな学習をしてたくさんの事を学び、素晴らしい園生活を過ごすことができました。<PTA会長>
  •  評価項目・取り組みは十分に達成されていて、保護者の立場としましても、安心して子どもを預けることができました。
     先生方の熱心な取組みのおかげで、小学校への準備も園生活の中で十分に整いました。また、学習面だけではなく、集団生活に必要な自分の気持ちを伝えることの大切さ、お友達の気持ちを考えることの大切さを押し付けるのではなく、お勉強や遊びの中で子ども達が自然に理解し、人と関わることを身に付ける指導をしていただきました。大きな影響に繋がるこの時期を、育生幼稚園で過ごすことができて良かったと思います。
    <PTA副会長>